新華網日本語

中國の宇宙ステーション、2飛行士が船外活動

新華社 | 2021-11-08 09:17:14 | 編集: 陳辰

   7日、北京航天飛行制禦センターのモニターに映し出された船外に出る翟志剛飛行士。(北京=新華社配信/郭中正)

   【新華社北京11月8日】中國の宇宙ステーションのコアモジュール「天和」で7日午後6時51分(日本時間同7時51分)、有人宇宙船「神舟13號」の翟志剛(てき・しごう)飛行士がノードモジュールのハッチを開け、同日午後8時28分(日本時間同9時28分)までに、同飛行士と王亜平(おう・あへい)飛行士が中國の次世代船外宇宙服「飛天」を著て相次ぎ船外に出た。両飛行士はロボットアームの支援の下、設備の設置や船外テストなどを実施。葉光富(よう・こうふ)飛行士は、船內から2人をサポートした。中國有人宇宙プロジェクト弁公室が明らかにした。

   翟志剛氏は中國で初めて船外活動を行った飛行士で、今回は13年ぶり。王亜平氏は船外活動を行う中國初の女性宇宙飛行士として、中國女性の宇宙空間への第一歩を記した。

   1 2 3 4 5   

本ウェブサイトに関するご意見、ご提案等が

ありましたら xinhuanetjp@126.com までご

連絡ください。

010020030360000000000000011100561310297552