新華網日本語

無形文化遺産「衡水內畫」、嗅ぎたばこ入れの中の世界 河北省

新華社 | 2021-09-12 09:37:30 | 編集: 陳辰

   1日、河北省衡水市桃城區の衡水內畫蕓術博物館で撮影した內畫作品。(衡水=新華社記者/金皓原)

   【新華社衡水9月12日】中國河北省衡水市に伝わる「衡水內畫」は、嗅ぎたばこを入れる小型容器「鼻煙壺(びえんこ)」の內側に精巧な絵を描く技法で、絵師は內徑1センチに満たない壺口から筆を入れ、多種多様な絵を描く。

   衡水內畫は2006年に中國の第1次國家級無形文化遺産リストに登録されており、関連産業も伝統と革新を融合させながら発展を続けている。

   1 2 3 4 5 6   

本ウェブサイトに関するご意見、ご提案等が

ありましたら xinhuanetjp@126.com までご

連絡ください。

010020030360000000000000011100561310182650