新華網日本語

三星堆遺跡、新たに500點余りが出土 黃金仮面や青銅神壇など

新華社 | 2021-09-11 09:24:26 | 編集: 張一

   2日、三星堆遺跡3號祭祀坑から出土した黃金仮面。(成都=新華社記者/王曦)

   【新華社成都9月11日】中國四川省文物考古研究院は9日、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡について、5月以降の発掘成果を発表した。完全な形の黃金仮面や青銅神壇(祭壇)、神樹文玉琮(ぎょくそう、禮器)など國寶級の遺物を含む500點余りが出土した。

   現在の発掘狀況は、3號祭祀坑(さいしこう)が発掘の終盤に入り、4號祭祀坑は既に発掘を終了している。5號、6號祭祀坑は発掘面積が小さく、深さも淺いことから、全體を研究室に運び、調查を行うという。7號、8號祭祀坑は遺物包含層まで発掘が進んだばかりで、大型・中型の青銅器や象牙、玉器、石器などが坑內を埋め盡くすように交差し、重なり合った狀態で出土した。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    >>|

本ウェブサイトに関するご意見、ご提案等が

ありましたら xinhuanetjp@126.com までご

連絡ください。

010020030360000000000000011100441310181378