新華網日本語

中共中央、黨外人士座談會を開催 習近平氏が重要演説

新華社 | 2021-12-06 22:48:24 | 編集: 張一

   【新華社北京12月6日】中國共産黨中央委員會は2日、北京の中南海で黨外人士との座談會を開き、今年の経済情勢と來年の経済活動について各民主黨派の中央委員會、全國工商業連合會(工商連)の責任者、無黨派人士代表の意見と提案を聞いた。習近平(しゅう・きんぺい)中國共産黨中央委員會総書記が座談會を主宰し、重要演説を行った。

   習近平氏は次のように強調した。中國共産黨第19期中央委員會第6回全體會議(第19期6中全會)の精神を全面的に貫徹し、多黨協力の歩みと役割を改めて思い起こし、協力の初心を堅持しなければならない。マクロ政策は穏健で効果的でなければならず、ミクロ政策は市場主體の活力を引き出さなければならず、改革開放政策は発展の原動力を増強しなければならず、社會政策は民生の最低ラインを著実に守らなければならない。これらを巡って職務上の役割を積極的に履行し、社會主義現代化國家の全面的建設に向けた新たな道のりの中で引き続き団結し、奮闘しなければならない。

   來年は中國共産黨第20回全國代表大會が開かれる。これは黨と國家の政治生活における一大事である。現在の國內外の経済情勢は依然複雑だ。安定の中で前進を求める活動の総基調を堅持し、新たな発展理念を完全に、正確に、全面的に貫徹し、新たな発展枠組み構築を加速する必要がある。改革開放を全面的に深化させ、質の高い発展を推進し、社會の大局的安定を保ち、第20回黨大會の開催を迎えなければならない。

   當社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無斷転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

本ウェブサイトに関するご意見、ご提案等が

ありましたら xinhuanetjp@126.com までご

連絡ください。

010020030360000000000000011100441310355225