新華網日本語

ミャオ族伝統の布「亮布」の文化祭開催 広西チワン族自治區

新華社 | 2021-10-22 09:42:51 | 編集: 張一

   19日、烏英苗寨の亮布文化祭で、亮布たたきの作業を見せるミャオ族の女性たち。(融水=新華社記者/黃孝邦)

   【新華社南寧10月22日】中國広西チワン族自治區柳州市融水ミャオ族自治県のミャオ族集落、烏英(うえい)苗寨で19日、地元の関連部門と同市女性企業家協會の支援の下、第2回亮布文化祭が開催された。伝統工蕓の保護、伝承、発展を目的とした亮布の制作拠點と博物館の建設準備も同日始まった。

   亮布は地元のミャオ族に伝わる手作りの布で、染め、たたき、乾燥、卵白の塗布など多くの工程があり、完成後はつやつやとした光沢が長く保たれる。工程が複雑で手間がかかるため、伝統的な亮布は暮らしの中から消えかけていたが、ここ數年、地元で文化・観光産業が発展し、伝統に光を當てる機運が高まったことから、亮布作りの技術がよみがえった。

 

   1 2 3 4 5   

本ウェブサイトに関するご意見、ご提案等が

ありましたら xinhuanetjp@126.com までご

連絡ください。

010020030360000000000000011100441310261438