新華網日本語

中共中央政治局、來年の経済活動を分析

新華社 | 2021-12-06 21:52:31 | 編集: 張一

   【新華社北京12月6日】中國共産黨中央政治局は6日、會議を開き、2022年の経済活動を分析し、研究した。習近平(しゅう・きんぺい)中國共産黨中央委員會総書記が會議を主宰した。

   會議は次のように強調した。來年の経済活動は安定を重視し、安定の中で前進を図るべきだ。マクロ政策は安定的かつ効果的であるべきで、積極的な財政政策と穏健な金融政策を引き続き実施する。積極的な財政政策は効果を向上させ、正確さと持続可能性をより重視する必要があり、穏健な金融政策は柔軟かつ適度で、流動性の合理的余裕を保つ必要がある。內需拡大戦略を著実に実施し、消費の持続的回復を促し、効果的な投資を積極的に拡大し、発展の內生的原動力を増強しなければならない。ミクロ政策は市場主體の活力を引き出すべきである。構造的政策は國民経済循環の円滑化に力を入れ、製造業の核心的競爭力とサプライチェーンの強じん性を高めなければならない。科學技術政策は実施を加速させ、引き続き重要な核心技術の攻略に取り組み、國家の戦略的科學技術能力と企業のイノベーション主體としての地位を強化し、科學技術と産業、金融の好循環を実現しなければならない。

   當社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無斷転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

本ウェブサイトに関するご意見、ご提案等が

ありましたら xinhuanetjp@126.com までご

連絡ください。

010020030360000000000000011100441310355133