新華網日本語

上海市の多國籍企業地域本部、1~9月の新設數47カ所

新華社 | 2021-10-18 16:39:49 | 編集: 張一

   【新華社上海10月18日】中國上海市商務委員會は15日に開いた中國國際輸入博覧會のマッチング商談會で、今年第1~3四半期(1~9月)に同市で新設された外資係企業が前年同期比27・1%増の5136社だったと明らかにした。外資利用額(実行ベース)は前年同期比15%増、2019年同期比22%増の178億4700萬ドル(1ドル=約114円)だった。

   1~9月に同市で新設された多國籍企業の地域本部は47カ所、外資係研究開発センターは20カ所。9月末時點の累計は多國籍企業の地域本部が818カ所、外資係研究開発センターが501カ所で、いずれも全國(省・自治區・直轄市)で最も多く、外資係企業の中國投資の最優先地となっている。

   海外の投資家に上海の経済発展や産業概況を理解してもらうため、上海市外國投資促進センターは同日、上海市測絵院と共同で「2021年輸入博対応上海投資地図」と「外商上海投資ガイド」を発表した。

   同市がこれまでに認定した多國籍企業の地域本部は現代商業貿易、設備製造、自動車・自動車部品、集積回路、バイオ醫薬、人工知能(AI)などの業種、外資係研究開発センターはバイオ醫薬、情報技術(IT)、自動車・自動車部品、化學工業、電子・電気、集積回路などの業種にわたり、同市の重點優位産業をほぼ網羅している。母國籍別でみると、多國籍企業の地域本部は主に米國、日本、ドイツ、英國、フランス、シンガポールなど、外資係研究開発センターは主に米國、日本、ドイツ、フランス、シンガポール、オランダなどとなっている。

   

   當社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無斷転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

本ウェブサイトに関するご意見、ご提案等が

ありましたら xinhuanetjp@126.com までご

連絡ください。

010020030360000000000000011100441310252946