新華網日本語

シルクロードEC、「一帯一路」経済貿易協力の新たなルートに

新華社 | 2021-09-13 10:53:32 | 編集: 陳辰

   【新華社福州9月13日】中國福建省アモイ市で8~11日開かれた第21回中國國際投資貿易商談會では、シルクロードEC(電子商取引)政府・企業対話會と國際協力(アモイ)フォーラムも開催された。國內外の參加者は、中國と「一帯一路」沿線諸國とのEC「シルクロードEC」が、新型コロナウイルスと世界経済の下押しという二重の圧力の中で、沿線諸國の経済回復と発展促進に重要な役割を果たしたとの見方を示した。

   中國商務部電子商務・情報化司の朱煉(しゅ・れん)氏はフォーラムのあいさつで、中國のECがこの1年、住民消費の重要手段、貿易発展の革新的業態、経済成長の重要な原動力になったと指摘。商務部は引き続きシルクロードECの深化と強化に努め、パートナー國とECの発展による恩恵を共有し、世界経済の回復に新たな原動力を加えていくと述べた。

   公開データによると、今年上半期(1~6月)の中國の全國オンライン小売額は6兆1100億元(1元=約17円)、越境EC輸出入額は8867億元で、逆境の中で成長を果たした前年の実績を基礎として、それぞれ前年同期比20%を超える伸びを実現した。

   カンボジアやハンガリー、アルゼンチン、シンガポールなどのフォーラム參加者は、中國がECを含むデジタル経済には経済発展を促進し、貧困を解消し、中小企業の構造転換・発展を後押しするなどの効果があり、「一帯一路」沿線諸國の経済発展を促進する機能を持つことを明確に示したと指摘。ECの新業態・新モデルや地域的な包括的経済連攜(RCEP)などがシルクロードECに新たな発展のチャンスをもたらしているとの見方も示し、今後も中國とのシルクロードEC協力を密接に深化させたいと表明した。中國の企業や學校、研究機関などが現地に投資し、研究交流を実施することにも歓迎の意を示した。

   中國は既に22カ國と「シルクロードEC」二國間協力メカニズムを構築している。政策面での意思疎通や産業の促進、地方協力、能力構築など多層的で多分野にわたる協力を共同で実施しており、「一帯一路」沿線諸國のECの発展に有利な環境を作り出している。

   

   當社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無斷転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

本ウェブサイトに関するご意見、ご提案等が

ありましたら xinhuanetjp@126.com までご

連絡ください。

010020030360000000000000011100561310184514